森琴石(もりきんせき)1843〜1921

作品紹介 その他

幕末若者像-ガラス湿版写真

江戸末期・ アンブロタイプ

右端白たすき姿、刀を差す-森琴石

煎茶関係スケッチ -煎茶会席図

紙本墨色・綴じ帖

上:永藤徳太郎の席
中:昌隆社中(煎茶流派)ー森秀次郎の席ー
下:山中與七の席

古美術商「山中商会」創業者山中吉兵衛の妹婿。
「春篁堂」営み[高山中] と称した


依頼画稿-硯デザイン
紙本墨色・粉本

依頼画稿-平井連山封筒
紙本墨色・粉本

平井連山=江戸末期からの明清楽奏者家元(女性)明治19年5月 88歳没



煎茶関係スケッチ  左下図-英人マクラガン置物
紙本墨色粉本

ロベルト・マクラガン=明治5年5月英国より来阪、 明治22年まで造幣局技師として勤務




第5回内国勧業博覧会-監査員出品作品
(明治36年金港堂刊「第五回内国勧業博覧会出品図録」より)

森琴石作-春景山水図

森琴石作-秋景山水図
  • 第五回内国勧業博覧会は明治36年3月3日〜7月31日まで大阪市の天王寺公園などで開催された
  • 森琴石は監査員として二点出品・二作共約2メートル四方の大作であるが、現在も所在不明  
  • 上図二作の下絵が遺る(大阪市立近代美術館建設準備室蔵―2002年森家より寄贈)


(第五回内国勧業博覧会記念写真帳より)

左は美術館全景・右は内部写真・内部は木造建築

*右手前柱にあるのは門弟―田川春荘―の出品作



作品紹介TOP文人画銅版画画稿その他

HOME
Copyright (c) 2003 morikinseki.com, all rights reserved.