森琴石(もりきんせき)1843~1921

索引・略伝

◆当HP内での記述、森家調査で名が出る、名称・事象などの索引及び、人物の略伝を紹介します。
調査情報などでの記述と重複している事があります。
◆「門人紹介(一覧)」・「雅友・知友(一覧)」・「関連資料(一覧)」などでの掲載人物は、現在一部を除き「索引・略伝」には掲載出来ていませんが、順次追加の予定です。
◆準備時間や資料不足の為、掲載順序については無作為な方法を取り、追加は随時していきます。
◆森琴石の親交者や、影響を深く受けた人物であっても、知名度の高い人物については「師匠・先輩達」「雅友・知友」では取り上げず、略伝のみの紹介が多々あります。



お断り

●「索引・略伝」は、平成18年秋~平成22年7月27日まで中断しています。左期間中のものは、もともと当項目では更新日を記していなかった事、また事故により、森家作成の原稿データが消失した事などから、更新日を記す事が出来なくなりました。
●「平成23年5月」でお知らせしましたが、当HPをCD化するに当り、時間と人手不足の為、平成23年6月以降に追加のものからは、例外を除いては略伝は省略し、索引のみとさせて頂きます。 



項目内で使用度の多い資料名

1:「内国絵画共進会審査報告 明治15年」(第2冊目・農商務省博覧會掛版・明治16年9月)
2:「内国絵画共進会出品人略譜」(農商務省版・国文社刊・明治17年5月)
3:「姿態横生」(日本中央南宗画会刊・明治44年7月)=渡辺淑寛氏(栃木県真岡市)よりご寄贈頂きました。
4:「畫家小傳」(小倉市大阪町 南畫同志會蔵版・明治45年2月)
5:「明治画史 大正画家列伝 乾坤」(福間硯洲著・富田文陽堂発行・大正2年6月)
6:「浪華摘英」・「続浪華摘英」(発行兼編纂 三島聴恵・大正5年12月)=大塚融氏(元NHK記者・数寄者研究家・経営史研究家)よりご提供頂きました。
7:「大阪人物誌 正編」(石田誠太郎著・石田文庫・昭和2年)
8:「大阪人物誌 続編」(石田誠太郎著・石田文庫・昭和11年)
9:「増補 古今日本書画名家辞典」(玉椿荘楽只著・大文館発行・昭和14年)
10:「日本美術辞典」(野間清六,谷信一編・東京堂・昭和27年)
11:「大日本書画名家大鑑」(荒木矩著・第一書房発行・昭和50年1月)
12:漢文学者総覧「長澤矩也監修,長澤孝三編・汲古書院・昭和54年」
13:「佐賀 幕末・明治500人」(福岡博編・佐賀新聞社発行・平成10年12月第2版)
14:「大阪人物辞典」=(三善貞司著・清文堂刊・平成12年)
15:その他「広辞苑」など

:「佐賀 幕末・明治500人」は、佐賀新聞社のご好意により、当HPへの掲載を許諾頂いています。
:【大阪人物辞典】は、著者三善貞司氏のご好意により、当HPにのみ特別に掲載の許諾を頂いています。

芳川笛邨 (よしかわ てきそん)

画家

 

芳川橘太郎 笛邨ト號ス 大坂府南區順慶町通一丁目ニ住ス 大和ノ人芳川善右衛門ノ男ニシテ 天保十四年九月十一日生ナリ 畫ヲ細川龍(號石溪)田能村小虎(號直入)帆足杏雨等ノ諸氏ニ學ヒ叉長崎ニ至リ沙門鐵翁ニ六法ヲ質シ九州畿内紀伊等ヲ遊歴ス
-「内国絵画共進会出品人略譜」-

◆森琴石とは同年齢、森琴石著「名家画帖」や小画帖その他への揮毫等、交流は相当あったようだ。

 

 

画家系図


吉嗣拝山 (よしつぐ はいざん)

画家

 

名ハ達、拝山ト號ス、叉タ古香、獨臂居士等ノ別號アリ、弘化三年筑前大宰府ニ生ル、父梅せん(僊叉は仙)畫ヲ以テ名アリ、拝山亦幼ヨリ畫ヲ能クス、壮年ノ時風災ニ遭ヒ右臂ヲ失フ、爾来左手ヲ以テ畫ヲ作ル、却テ氣韻多シ、夙ニ四方ヲ漫遊シテ名聲アリ、叉清國ニ遊ヒ技益々進ム、拝山叉詩ヲ善クシ、嘗テ寒玉音前後集  拝山奚嚢 太宰府二十四詠等ノ著書アリ。(筑前太宰府町)  -「姿態横生」-

◆森琴石・阿南竹陀との合作画あり。森琴石は、太宰府には、明治35年「管公1千年記念絵画展覧会」で「梅花図」を出品している。森家に記念章あり。

 

 

平成18年3月【2】


米津菱江 (よねづ りょうこう)

画家

 

方舟ト號ス、大坂府東區大手通壱丁目ニ住ス 安房ノ人近藤彦四郎ノ男ニシテ 米津清一郎(號奚疑?)ノ養子トナル 日根對山 沙門静村(號梅谷) 岡田九茄等ニ畫法ヲ學ヒ 畿内ヲ歴遊シ叉東海東山ノ諸國ヲ通過スル毎ニ必勝區ヲ胸臆ニ畳ム
-「内国絵画共進会出品人略譜」-

◆忍頂寺静村(梅谷)の弟子で、森琴石・石尾松泉とは同門となる。
◆明治9年4月10日、森琴石二度目の妻「ゑい(森家実曾祖母)」葬儀時の記録には「塾」と書かれた10名の中(河邨学而・米津菱江・永田正信・山口竹陰・吉川拝石・森田亮明・藤井光栄・白井昇太郎・早野栄■郎・西本鱗太郎)に名がある。
◆明治9年5月、文部省編纂・米津菱江製図「改正 日本地誌略訳図」(浪華書肆 梅原亀七出版)は、響泉堂刻。他に米津菱江編「小学読本字引」(明治9年4月・梅原亀七出版)=国立国会図書館デジタルアーカイブ詳細情報による

 

 

画家系図




忍頂寺静村
石尾松泉

ら、わ

鷲谷應章 (わしたに おうしょう)

画家

 

住所 新潟県三條町 四条派-「明治画史 大正画家列伝 坤」-

◆森琴石日誌:明治45年7月10日、新発田町「北越尚美会」について


渡辺小崋 (わたなべ しょうか)

画家

天保6-明治28(1835~87)

名は諧、字は紹卿。渡辺崋山の第2子。父に画を学ぶが、7歳の時父崋山が自刃。華山の弟子福田半香のすすめで、椿椿山に入門する。経史を大橋納庵。詩を関根痴堂に学ぶ。父崋山の鑑定も良くする。

 

 

平成17年3月

略伝・索引一覧や,ら,わ

HOME
Copyright (c) 2003 morikinseki.com, all rights reserved.