森琴石(もりきんせき)1843~1921

索引・略伝

◆当HP内での記述、森家調査で名が出る、名称・事象などの索引及び、人物の略伝を紹介します。
調査情報などでの記述と重複している事があります。
◆「門人紹介(一覧)」・「雅友・知友(一覧)」・「関連資料(一覧)」などでの掲載人物は、現在一部を除き「索引・略伝」には掲載出来ていませんが、順次追加の予定です。
◆準備時間や資料不足の為、掲載順序については無作為な方法を取り、追加は随時していきます。
◆森琴石の親交者や、影響を深く受けた人物であっても、知名度の高い人物については「師匠・先輩達」「雅友・知友」では取り上げず、略伝のみの紹介が多々あります。



お断り

●「索引・略伝」は、平成18年秋~平成22年7月27日まで中断しています。左期間中のものは、もともと当項目では更新日を記していなかった事、また事故により、森家作成の原稿データが消失した事などから、更新日を記す事が出来なくなりました。
●「平成23年5月」でお知らせしましたが、当HPをCD化するに当り、時間と人手不足の為、平成23年6月以降に追加のものからは、例外を除いては略伝は省略し、索引のみとさせて頂きます。 



項目内で使用度の多い資料名

1:「内国絵画共進会審査報告 明治15年」(第2冊目・農商務省博覧會掛版・明治16年9月)
2:「内国絵画共進会出品人略譜」(農商務省版・国文社刊・明治17年5月)
3:「姿態横生」(日本中央南宗画会刊・明治44年7月)=渡辺淑寛氏(栃木県真岡市)よりご寄贈頂きました。
4:「畫家小傳」(小倉市大阪町 南畫同志會蔵版・明治45年2月)
5:「明治画史 大正画家列伝 乾坤」(福間硯洲著・富田文陽堂発行・大正2年6月)
6:「浪華摘英」・「続浪華摘英」(発行兼編纂 三島聴恵・大正5年12月)=大塚融氏(元NHK記者・数寄者研究家・経営史研究家)よりご提供頂きました。
7:「大阪人物誌 正編」(石田誠太郎著・石田文庫・昭和2年)
8:「大阪人物誌 続編」(石田誠太郎著・石田文庫・昭和11年)
9:「増補 古今日本書画名家辞典」(玉椿荘楽只著・大文館発行・昭和14年)
10:「日本美術辞典」(野間清六,谷信一編・東京堂・昭和27年)
11:「大日本書画名家大鑑」(荒木矩著・第一書房発行・昭和50年1月)
12:漢文学者総覧「長澤矩也監修,長澤孝三編・汲古書院・昭和54年」
13:「佐賀 幕末・明治500人」(福岡博編・佐賀新聞社発行・平成10年12月第2版)
14:「大阪人物辞典」=(三善貞司著・清文堂刊・平成12年)
15:その他「広辞苑」など

:「佐賀 幕末・明治500人」は、佐賀新聞社のご好意により、当HPへの掲載を許諾頂いています。
:【大阪人物辞典】は、著者三善貞司氏のご好意により、当HPにのみ特別に掲載の許諾を頂いています。

蔀 關牛 (しとみ かんぎゅう)=蔀 關牛

画家

 

蔀氏 關月丿男 名ハ徳風 字ハ子偃 關牛ト号ス 大坂丿人 畫ヲ能ス

―扶桑画人伝(古筆了仲・東京昌阪員・明治21年)―

 

 

平成18年8月【2】


蔀 關月 (しとみ かんげつ)=蔀 関月

画家

 

関月は月岡雪鼎の門人なり、名は徳基、字は子温 い揚斎と號し、阮二と稱す、

大阪の人、堂島二丁目に住せり、

初め雪鼎に學び、後和漢の畫法を研鑽し、最も山水及び人物に長ず、

叉雪舟を法とし、遂に一家をなす、筆致濃湿、遒勁風韻あり、叉詩書を能くす、法橋に敍せらる、

著す所の伊勢参宮名所圖會、及び山海名所圖會最も世に顕はる、

叉天満天神の繪馬及び篠塚伊賀守の國の如きは筆法蒼老、沈確、誠に絶作と稱せらる、

柴田義薫曰く、関月の山水人物頗る大家の度をみると其世に重んぜられしこと、略ほ推するに足れリ、

寛政九年(一に十年と云ふ)十月二十一日歳五十一(一に七十六)にて歿す、

其子関牛細字を能くし、門人に青井南卜川上自若鈴木霞洞散橋清齋金森教般田上東亭の數人あり。

―「南画と書道」(八木奘三郎著・東京博文館・明治43年11月)―

 

 

平成18年8月【2】


新宮涼閣 (しんぐう りょうかく)

漢方医

 

堀内利国」が学んだ京都の漢方医。

 

 

「門人-大阪市東区:堀内謙吉

略伝・索引一覧や,ら,わ

HOME
Copyright (c) 2003 morikinseki.com, all rights reserved.