森琴石(もりきんせき)1843~1921

森琴石 調査情報

平成10年10月~現在まで、森家での調査などをご紹介します

■調査情報 平成16年(2月)

森琴石は、天保14年2月19日(1843年・旧暦では3月19日)摂津国有馬郡湯山村、「梶木源次郎 かじき げんじろう」の三男として生まれた。名は熊。3歳の折大阪の「森 猪平 もり いへえ 注1」の養子となる。今年が生誕161年目である。実父、梶木源次郎(1812文化9年~1892明治25年)は湯山村の庄屋。使命感が強く先見の明があり、灌漑治水工事や地租改正・有馬の物産普及にと心血を注ぎ資産を使い果 たした。村人たちはそれらの謝意として、当時、株の空きがあった、有馬温泉の旅館「中の坊」の「継承と開業」を提唱し、株を譲ったという 注2

明治6年、有馬郡湯山町町長「梶木源次郎」は、以前から毒水と伝えられていた「地獄谷」にある湧き水を、兵庫県庁を経て、大坂の「内務省司薬場」に検査に出した。明治8年、司薬場教師「べ、ウ、ドワルス」が検査をした結果 、「此水たゞに毒水ならざるのみならず最も以て有効なる炭酸水」と判然する。日本で有数の質を誇る「炭酸泉」の発見となり、日本で最初の「サイダー」誕生の始まりへとなっていく。

梶木源次郎は、「有馬筆」の振興にも、並々ならぬ情熱を傾け奔走していたという。明治40年、それら梶木源次郎の功績を称え、「田中芳男 注3」篆額による「石碑(現存)」が湯元に建てられた。森琴石は実父梶木源次郎の依頼により、銅版「有馬温泉冷温泉成分分析表・明治9年」や、有馬温泉の産物紹介もある「有馬温泉炭酸水改良建築并市街図写 真絵図 (明治16年他) 注4」など、有馬関係のものを製作している。

依田学海著「学海画夢 がっかいがむ」や、「学海日録 がっかいにちろく」には、依田学海(百川 ひゃくせん)と森琴石らが、森琴石の実家である、有馬温泉「中の坊」に宿泊し、有馬を探訪し温浴を楽しむ記述がある。

 
 
注1
森猪平=出石藩の武士。天保6年、出石藩(いずしはん)に起きた「仙石騒動」の為、浪人となり、身内のいる「大坂」に行った。後大坂の「森善蔵」の養子となり家業を継いだという。森家の覚書には、梶木源次郎は仙石騒動後、「姻戚 関係にあった森猪平らと共に出石を出た」とあるが、真偽のほどは不明。
森家のルーツは、美濃尾張地方の「森姓」の武士だったと、言い伝えられているが証拠は無い。
明治18年、「有馬温泉記」(榎本義路著・浅野半六出版)、明治23年「改正増補 「有馬 温泉記」(榎本義路著)は、湯山町「浅野仙太郎」の出版によるもの。「浅野半六・浅野仙太郎」は、琴石実父梶木源次郎が、森家に宛てた書簡に名があり、江戸末期(天保中期・安政・文久)の、森家の控帖には「奥の坊仙太郎」「奥の坊半六」の名がある。田中芳男著「有馬温泉誌」(明治24年刊)では、有馬温泉「湯戸」の項目にある「十二坊の家名主」の中に「奥の坊-浅野仙太郎」と書かれている。それ以外の詳細は不明。
注2   有馬温泉「中の坊」では創業年を、縁起ときりの良いので、「明治元年創業」にしたという。実際はその以前とみられる。
注3   田中芳男=長野県飯田市出身の男爵。日本の博物館の父とも言われ、明治政府の高官として 日本内外での博覧会を提唱、また動物園を日本へ始めて導入した事でも知れる。有馬温泉にも 関心を寄せ「明17・有馬温泉略記」・「明24.・有馬温泉誌」・「明27・校訂有馬温泉誌 全」 などの著書がある。
   
注4   「有馬温泉炭酸水改良建築并市街図写 真絵図」の、市街図部分は当HPの入り口にあります。



HOME
Copyright (c) 2003 morikinseki.com, all rights reserved.